「 西川口」記事一覧

【健康コラム】イボとお灸と私 実践編(『イボと私』シリーズ第4回) 2019
11/12

〜前回までのあらすじ〜

 私のゆびにできたウイルス性のでっかいイボを取り除くべく、果敢に戦おうとする私。

 しかし元来がヘタレなため、液体窒素は怖くてだめ!

 炭酸ガスレーザーは、『一週間に一度以上の治療は保険が効かない』という巨大な経済障壁が立ちはだかった!

 そこで思い出したのが、鍼灸師の間に古来から伝わる『焦灼灸(しょうしゃくきゅう)』!イボの上にごそっともぐさを乗せて燃やしきり、イボを組織ごと灼ききる方法。さて、お灸はイボに勝てるのか!?

詳しくは前回までのコラムを参照ください

 というわけで、憎きイボを灼ききるべく、毎晩寝る前に焦灼灸を実践してみることになりました。

用意するものは

1.灰皿

2.もぐさ

3.お線香

4.メンタムリップ、またはハンドクリーム

5.ライター

6.自分で自分の指を灼く勇気

以上6点。特に6は重要。

 方法は簡単。

→まずはもぐさを固定しやすいように、イボの上にリップクリームかハンドクリームをうっすら塗る(個人的にはスティックのリップクリームのほうが、ほどよくピンポイントに塗れるので便利だと思います)

→もぐさをイボと同じくらいの大きさに丸めて、イボの上に乗せる。

→ライターで点火したお線香の先をそっと近づけて、もぐさに点火する。

→もぐさが燃えきるのを待つ。

→燃えきったもぐさの灰を灰皿に捨てる。

これだけ。

 とりあえず、いつものクセでお米粒の半分ほどの量のもぐさを丸めてイボに乗せ、おそるおそる燃やしてみる………。何もかんじない。

 あれ?……あ、そうか。イボが厚いので、小さなもぐさを燃やしたくらいじゃ下まで熱が通らないんだ。表面もうっすらキツネ色の点がついただけ。これじゃあダメだ。

 次はもぐさをさっきよりかなり大きい麦粒大に丸める。燃やす……だめだ、やっぱりなにも感じない。

 しかし、これ以上大きくもぐさをまとめるとイボからはみ出してしまうので、麦粒大のもぐさをひたすら乗せて燃やしつづけることに。

 5,6回も焼き続けた頃でしょうか、イボの表面もキツネ色から黒いおコゲ色に変わってきました。と、同時にぎゅううっとつねられるような熱さキターーー!!!おもわず指が動きそうになるけど、ゆびの付け根を反対の手でしっかり抑えて耐える!がんばる!

 2,3秒もがんばっていると、すぐにもぐさは燃え尽きて、熱さがすうっと落ち着きました。灰を払ってみると、下のイボは真っ黒こげ。おお、これはいけるかも!

 とりあえずはそこからもう一度だけ、ぎゅううっとあっつーいお灸をやって、その日はこれでおしまい。

 手を洗うと、真っ黒焦げなイボの色が少しうすくなりましたが、全体的にこんな感じ。おお、ちょっとグロい。↓

 翌日も同じようにしてみましたが、こんどは2,3回ほど灼いたくらいで、ぎゅうっとなる熱さを感じてきました。お、これはイボが少しだけ薄くなってきてる?

 しかし、イボの表面はあいかわらずぷっくりしていて、ごわごわ。お灸で灼くことで水分が抜けてきたのか、炒った黒豆のようなカチカチな硬さになってきました。

 毎晩のお灸を10日ほども続けた頃でしょうか。イボの下にある皮膚がうずうず痒く感じてきました。うずうずして、おもわずイボの上から軽く爪で抑えます。最初は点で感じていた痒みが、どんどん広がっていきます。

う、痒い……かきむしりたい。でも、かちかちのコゲたイボが邪魔でかけない。……あー!もうだめ!思わずイボを爪で掻いたら、イボがぼろんと取れて、下からピンク色のつやつやした赤ちゃん皮膚が……!!

やった……やったあ!取れた!取れたよエイドリアーン!!(←ここでロッキーのテーマが高らかに鳴ってます)

 見てください!このきれいに取れた痕のキレイな皮膚を!勝った!お灸がイボに勝った!これにて一件落着!

…………といきたいところなのですが、残念ながらこれでおわりではなかったのです……。

 そう、お気づきのかたもいらっしゃると思いますが、イボが剥がれた痕に残っている、白い皮のようなもの。これ、皮ではなくて、イボの灼け残りだったんです……。

 やっぱりどうしても灼きムラがでてきてしまいます。2,3日はキレイだったのですが、炊事をするたびに灼け残りのイボが白くふやけて、またもやゆっくり育ちはじめました……。

 仕方がない、また灼くかー。うっすら生えて来た小さいイボに小さくもぐさを乗せて、火をつけます。ところがですね、これが……あぢっ!あぢあぢあぢーーいい!!思わず途中で火を消してしまいました。

あれ?だめだ。耐えられない熱さ。

 そう、いままでは大きなイボが壁になってくれていたので、燃やしきっても熱さに耐えられていたんですね。

 ところが、こんどはイボが薄くて小さい、しかも下は、生まれたてほやほやの敏感なあかちゃん皮膚。ヘタレな私が自ら灼ける熱さではありませんでした……(T_T)。

 また灼ける程の厚さにイボが育つまで、手をこまねいて見ていることしかできないのか……10日ほどで、イボはまた立派に育ち、また黙々と灼き、ボロリと落ちてはまた育ち……の繰り返し。あれ?また賽の河原で石を積み上げていく感じになってきた……(´;ω;`)

 やっぱりだめなんでしょうか?やっぱり液体窒素に頼るしかないんでしょうか?Google先生、答えてください……!

 求めよ、さらば与えられん

 そんな声が聞こえたかどうかは知りませんが、イボの痛くない治療法を必死に追い求め、検索を繰り返す私に、Google先生は思いもよらない方法を示してくれたのでした……!

 次回、いよいよ『イボと私』シリーズ最終回!イボとのあくなき戦いに終わりが見える日が遂にやってくるのか……!次回いよいよ最終決戦。乞うご期待!

※この記事は2017年8月に、口コミサイト『しんきゅうコンパス』に載せたものに、加筆修正したものです。

西川口 蕨 鍼灸マッサージ

はり灸指圧治療 ぬくまる屋 店主 あいざわゆきこ

<【注意!】このコラムで紹介している、イボに対する一連の治療法とその結果は、あくまでも私自身が体験したものであって、全員に当てはまるものではありません。また、最初は必ず皮膚科のお医者さんに診てもらって、悪いものではないことを確認してもらってください。素人判断は、時に危険な結果をもたらします〉

【健康コラム】イボとお灸と私 解説編(『イボと私』シリーズ第3回) 2019
10/31

『イボと私』第3回 『イボとお灸と私(解説編)』

〜これまでのあらすじ〜

 指に出来たでっかいイボを取り除くため、皮膚科で炭酸ガスレーザーをあてて灼いてもらう私。

 が、灼けてイボが小さくなったと思ったら、すぐに育って元に戻る……の繰り返し。業を煮やした私は、イボが元に戻る前に連続でレーザーで灼く事を希望する。

 しかし、1週間に1度以上の治療には保険が適用されない……という大きな壁が立ちふさがった。さあ、どうする私?

詳しくはこちら↓

『イボとマッサージと私』

『イボとレーザーと私』

 ……というわけで、同じ灼くなら、焦灼灸(しょうしゃくきゅう)で灼くのも、レーザーで灼くのも、同じではないかと思い至ったワタクシ。

 思い立ったら吉日。その晩から、毎晩麦粒くらいの大きさにまるめたもぐさをイボの上にこんもり乗せて、じゅうじゅう灼いてみることにしたのでございます。

さて、ここで解説。

 巷間で、女性疾患や冷えにいいと話題になっているお灸ですが、そもそもお灸ってどんなもの?というご質問をお客様から頂いたので、ざっと説明してみますね。

↑瓶の中に入っているのがせんねん灸、缶に入っているのがもぐさ。せんねん灸はライターを、もぐさはお線香を使って点火します。

 お灸とは、もぐさ(よもぎの葉の裏に生えている、白い細かい毛を集めて乾燥させたもの)を軽く指で丸めて皮膚におき、火を点けて燃やし、その熱で身体のツボを刺激し、体調を整えていく民間療法のひとつ。

 三千年ほどの前の中国北部で発祥し、それを学んだ遣隋使や遣唐使が仏教と共に灸法を広めたのが、日本でのお灸のルーツとされています(昔のお寺は布教以外にも、地域の孤児院や学校、お医者さんの役割も果たしていました)。

 お灸には、目的に応じて、いくつかのやり方があります。

 まず一番の大きな違いは、火傷痕を残すか、残さないか、です。

①もぐさの燃焼している部分を、直接皮膚にあてないようにする(火傷痕をのこさない)

➁もぐさの燃焼している部分を直接皮膚にあてて、軽く皮膚を焦がすようにする(火傷痕をのこす)

 最近の鍼灸院では、美容的、衛生的観点から、①の無痕灸が主流です(温灸ともいいます)。一口に無痕灸といっても、いくつかのやりかたがあります。

a.知熱灸

 お米粒の半分くらいの大きさにまるめたもぐさを、狙ったツボの上に置き、半分から3分の2位燃えたところで、もぐさを指でつまんで消火してしまう方法。

 患者さんには、熱のちくっとした刺激は伝わりますが、直接火が皮膚まで届くわけではないので、火傷は起こしません。

 当店(はり灸指圧治療ぬくまる屋)では、逆子の灸やものもらいの灸など、指先のツボをピンポイントで狙いたい時に、この方法を使っています。

b.棒灸

 たばこのように紙で巻いて細長い棒状にしたもぐさの先に点火し、燃焼部分を患部に近づけて、放射熱で温める方法。

 じっとしていられないお子さんに使ったり、髪の毛周辺など、お灸を直接乗せて火を点けるのが難しい部位を温めるのに使います。

 私もこどもの頃、喘息発作を起こした時に、この棒灸で背中を温めてもらっていました。

c.隔物灸

 もぐさと皮膚の間に、生姜やにんにくをスライスしたもの、または塩や味噌などを挟むことで、もぐさを燃やしきっても皮膚に火が直接あたらないようにする方法。

 熱とともに、間に挟んだ生姜などの成分がじんわり浸透して、身体にいいとはいわれますが、そこは私はよくわかりません。ただ、ほどよく暖かくて気持ちの良いお灸であることは確かです(あと鍼灸院全体が、なんだか食欲をそそる匂いでいっぱいになる^_^;)。

 薬局で市販されている「せんねん灸」も、この隔物灸の一種。ちいさな筒状にくるまれたもぐさの下に、厚い不燃性の台座を挟むことで、火が直接皮膚に当たらないようにしてあります。

 当店で使っているのも、基本はせんねん灸です(台座の裏にシールがついていて、しっかり皮膚に固定されるので、お灸をしながら他の部位のマッサージをすることが可能になります)。

 その他、バリエーションとして電気温灸や、びわの葉灸、イトオテルミーなどがありますが、これらも温灸の一種であることには変わりありません。

そして、➁のお灸を有痕灸といいます。つまり小さなやけどをわざと皮膚の上に作ることで、身体全体の免疫力をあげる方法です。

A透熱灸

 お米の半分くらいの大きさに小さくまるめたもぐさを、ツボの上にのせて、焼き切ります。皮膚の上には2,3日で治る小さな火傷ができます。火傷は皮膚の表面を焦がす程度の浅いものなので、痕はほとんどのこらないし、強めの刺激が好きな方に向いています。

B打膿灸

 昔銭湯に行くと、脚の側面や背中に規則的に黒い点々がある、おじいちゃんやおばあちゃんをみかけませんでしたか?あれが打膿灸の痕です。

 打膿灸とは、わざと強めに皮膚を灼くことで、深めの火傷をつくり、膏薬などを使って痕を化膿させることで免疫力を高めようとする方法です。昔は膿をつくるくらい火傷させないと、身体の免疫力が高まらないと考えられていたので、この方法が普及していました。

 しかし戦後の研究で、わざわざ火傷をつくらなくても、熱で「あちっ」と思わせるだけで、身体が火傷したと勘違いして、ないはずの火傷を治すべく免疫機能が活発に働きだすということがわかってきたので、現在は美容的な観点と細菌感染のコントロールの難しさから、ほとんど行われることはありません。

C焦灼灸

イボやウオノメに、大きめに丸めたもぐさを直接乗せて灼ききることを繰り返し、組織を焦がして破壊する方法。

 

……というわけで、私の指のイボに使ったのは、最後に解説した焦灼灸です。

 鍼灸師になってからこのかた、知熱灸、透熱灸はさんざんやってきたものの、こんなに強い灸法を実際に使用するのは初めて。どきどきしながら実践に臨んでみたのであります……。

 次回『イボとお灸と私(実践編)』。さて、お灸は私のイボを灼き尽くすことができるのでしょうか?

※この記事は2017年8月に、口コミサイト『しんきゅうコンパス』に載せたものに、加筆修正したものです。

西川口 蕨 鍼灸マッサージ

はり灸指圧治療 ぬくまる屋 店主 あいざわゆきこ

〈【注意!】このコラムで紹介している、イボに対する一連の治療法とその結果は、あくまでも私自身が体験したものであって、全員に当てはまるものではありません。また、最初は必ず皮膚科のお医者さんに診てもらって、悪いものではないことを確認してもらってください。素人判断は、時に危険な結果をもたらします〉

【健康コラム】イボとマッサージと私(『イボと私』シリーズ第1回) 2019
10/20

短期集中連載『イボと私』シリーズ第1回

『イボとマッサージと私』

↑これが私の指に出来たイボです。

 皆様はイボができたことがあるでしょうか。私はあります。経験された方はわかると思いますが、あれ、超しつこいんですよねえ。数年前、しかも商売道具である手の指にできてしまいました。今でこそ綺麗に治ってつるっつるになっていますが、あまりにしつこいイボに悩まされ、当時は一生治らないんじゃないかと絶望していました。これは、そんなイボと私が戦った全記録です(ちょっと大げさ^_^;)。

 なので長いです。全5回。なに引っ張ってるんだとお思いになるかもしれませんが、お悩みの方はどうぞお付き合いくださいませ。

 最初のイボは、右小指の爪のよこにできた小さなささくれがきっかけでした。爪に沿って縦に皮が剥けてしまい、痛いなあ……と思っていたら、傷口が塞がるにつれ、そこを覆うように半透明の魚の目のような皮膚がもりもりと盛り上がってくる。触るとかちかちです。

 乾燥肌な私は割と頻繁にささくれを作っていたので、当初は、あんまり剥けすぎて角質化しちゃったのかな、みっともないなあ……位にしか思っていませんでした。お風呂に入るとその部分はふやけて真っ白に。柔らかくなったところを爪でほじると、その白くなった角質のようなものがめりめりと剥がれて、下にはピンク色の新しい皮膚ができている。しばらくするとまた固い半透明の角質のようなものが盛り上がってきて、元通りになってしまう……の繰り返しでした。

 そのうちに、右小指の背にも大きな角質の玉が2つできてしまい、その時に初めて「これはイボではないか?」と気がついたのです。

 さて、この皮膚がカッチカチに固くなったようなイボの正式名称は『尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)』といいます。

 みっともないだけで、特に悪さをするものではないのですが、問題はこれがウイルス性であるということ。HPV(ヒトパピローマウイルス)によるものなので……つまり感染します。

 だから、最初にできたイボに沿う形で第2、第3のイボが出来てしまったのですね。

 そこまで感染力の強いものではないのですが、傷口が出来ているところに直接触れたり、疲れて免疫力が下がっていたりすると、ウイルス性イボは爆発的に増えていきます。

 当時はたまたま、直に肌には触れずタオルの上からマッサージする仕事についていて、鍼の仕事をおやすみしていました。

 なので、幸いなことにお客様に感染する心配はまずなかったのですが、ただでさえ乾燥肌なのに、マッサージする度にタオルに皮脂がとられてしまい、手は常にがっさがさ。そのせいで細かい傷が常に手にある状態になっていたので、イボが広がってしまったのです……。

 それでもまあ、右小指の背だし、鍼の時も直接触れるとこじゃないし、まあいっかーぐらいにゆるく構えていましたが、今度はシャレにならないところに出来てしまいました。

 なんと左人差し指の腹側……!鍼をする時に、ツボを探す為の重要な指!

この先、また鍼灸がメインの仕事になってしまったら、さすがに洒落になりません。

やっぱりこのままじゃまずいよね?

 いろいろ調べてみると、皮膚科に行って、液体窒素でイボを焼いてもらうといいとのこと。

 液体窒素……あのマイナス196度の白いもわもわ煙がでている液体の中に突っ込んだ綿棒を患部にジュっと押し当てる、アレだよね。

 ……ううーむ、別件で一度やってみたことあるけど、あれって痕がしばらくは相当……痛い!しかも今回は指先。ただでさえヘタレの私が耐えられるのか?つーか、指が使い物にならなくなって、しばらく仕事休まないといけなくなるんじゃないか?

 しかし、背に腹はかえられぬ…!

 ビクビクしながら近所の皮膚科に向かうと、優しそうな先生が私のイボを診て、尋常性疣贅と診断。そして、ネコに睨まれたカエルのごとく青くなって、恐怖でびびりまくっている私の様子をみて、痛ーい液体窒素ではなく、炭酸レーザーで焼き切ることを提案してくださったのです。ありがとうございます!

 さて、ワタクシの指に生えたイボは、無事に炭酸レーザーによって退治されるのでしょうか?

次回『イボとレーザーと私』!

心して待て!(←いや、だからそんな大げさなもんじゃ……^_^;)

※このコラムは2017年7月に『しんきゅうコンパス』に掲載したものに加筆修正したものです。

第2回公開しました。

西川口 蕨 鍼灸 指圧 マッサージ

はり灸指圧治療ぬくまる屋 店主 あいざわゆきこ

〈【注意!】このコラムでこれから紹介する、イボに対する一連の治療法とその結果は、あくまでも私自身が体験したものであって、全員に当てはまるものではありません。また、最初は必ず皮膚科のお医者さんに診てもらって、悪いものではないことを確認してもらってください。素人判断は、時に危険な結果をもたらします〉

【健康コラム】乳酸菌と乳酸と筋肉の疲労 2019
10/10

 この前、お客様と以下のようなやりとりがありまして。(わかりやすいように、一部やりとりを改変しています。ご了承ください)

お客様「ヨーグルトとかに入っている乳酸菌って身体にいいっていうじゃない」

ワタクシ「そうですねー、乳酸菌などの善玉菌とよばれるものを食べると、お通じがよくなるとか、おならが臭くなくなるとか、腸の中の環境がよくなるっていわれてますねー」

お客様「でもさー、筋肉を使いすぎて筋肉痛になると筋肉に乳酸がたまるっていうじゃない、あの乳酸とはちがうの?」

ワタクシ「あ、ちょっと違いますね。ヤ◯ルトとかに入っているのは乳酸『菌』であって、腸のなかで食べ物のカスを分解して乳酸を作り出す生き物なんですね。

で、筋肉にたまる乳酸は、筋肉をつかう為のエネルギーを代謝することでできる老廃物、いわば筋肉のおしっこのようなものだと考えていただければ……」

お客様「えー?おんなじ乳酸なのに、なんで腸にはよくて筋肉にはダメなの?筋肉痛の時に乳酸飲料とか飲みすぎると、吸収されて筋肉痛ひどくなったりしちゃわないの?」

ワタクシ「(……うっ……そう言われるとよくわからん……-_-;)と、とりあえずは、そういうお話は聞いたことがないので、安心して飲んでいいとおもいますよ……(超ごまかし)」

 ……というような鋭いご質問をいただき、その場で上手に答えられず、ちょっとはぐらかしてしまいました。Nさん、ごめんなさい。この場を借りてちゃんと回答いたします。

 いやー、教科書とか、ネットとかすごい読み漁っちゃいましたが、微妙にまだ怪しい(生理学と化学、超ニガテだったんです……ごめんなさい)。

 一応ワタクシなりに理解したことを書いてみますが、そりゃ違うよというご指摘がありましたら、ぬくまる屋公式HP問い合わせフォーム経由でご指南いただけると助かります。ご意見頂戴しましたら、ぜひ公開させていただきたく思います。

1筋肉の中でできる乳酸と、その働き

 筋肉を動かす時にはエネルギーを使います。

 このエネルギーの大元は、糖(グルコース)です。

 この糖が筋肉にある細胞の中で分解されてATP(アデノシン3リン酸)という、筋肉を動かすガソリンに変わります。

 さて、この分解する過程を解糖系といいますが、酸素とビタミンB群が充分在る状態で(つまり有酸素運動のときね)糖が解糖されると、たくさんATPができる。そして、ATPがADP(アデノシン2リン酸)と(P)リン酸に分解されるときに、大きな力をだすことができるのです。

 ところが、激しい運動で酸素が足りなくなってくると(つまり無酸素運動)、それでも筋肉の中の細胞は糖からATPを作ってくれるのですが、大部分の糖は乳酸になってしまいます。

 激しい運動のあとに血液をしらべると、乳酸の量が大変多くなっているので、この乳酸が筋肉疲労を引き起こしている原因なのではないかと、今までは言われてきました。

 ところが最近の研究では雲行きが変わってきています。

 どうやら疲労をひきおこしているのは乳酸ではないらしい説が21世紀にはいって飛び出してきました。

では、疲労を引き起こしているのはなんなのか?

 ATPが分解される時に出来るリン酸が、筋肉を収縮させる時に必要なカルシウムイオンと結合、筋肉を収縮させる動きを悪くして、筋肉のこわばった感じをつくりだしてだしているのではないか?という説。

 そしてFF(ファティーグファクター)という、活性酸素が細胞を傷つけた時に発生するたんぱく質が原因なのではないかという説。

このふたつの説が主流になってきました。

 と、なんとまあ、いままでずーっと乳酸に濡れ衣を着せてたわけです。乳酸、ごめん、悪者にしてごめん!

 じゃあ、激しい運動でたくさんできた乳酸はどうなるのか?

 これらは一時的に筋肉内にとどまったのち、酸素が供給されてくると、また細胞内にとりこまれ、再利用されてATPを作り出すんだとか……。さらに血中に放出されて肝臓に集められた乳酸は、グリコーゲン(体内で余った糖が、緊急時にエネルギーとして使えるよう肝臓に備蓄しておくために、形を変えたもの)に変化するんだとか……。

 がびーん!乳酸、筋疲労の原因どころか、再利用されて筋肉を動かすガソリン、ATPを作り出すのにすごく役立ってるじゃん!なんかごめん!すごく、ごめん!

 すみません、図は1996年発行の教科書(『目でみるからだのメカニズム』堺章著 医学書院)のもので、まだ乳酸を『疲労物質?』としていますが、これ以上にわかりやすい図を拾えなかったんです……。乳酸犯人じゃない説がでてきたのが2004年以降……FF説が出てきたのが2008年以降……まだまだこの分野は説が変わっていく可能性が高いです。

2腸の中でできる乳酸と、その働き

 腸の中では乳酸を作るのに、ヒトの細胞ではなく乳酸菌達がその役割を果たします。

 つまり、大腸までやってきた食べ物のカスの中に残っている糖を乳酸菌が自身の活動のために食べて、乳酸菌の中で解糖系が働いて、乳酸を作り出す……ま、いわば腸の中の乳酸は、乳酸菌のう◯このようなものなのですね(^_^;)。

 そして、出来た乳酸は腸の中を弱酸性に保ち、人体に有害なアンモニアなどの毒素を作る悪玉菌が腸内で活動しにくい環境を作り出します。

 また、乳酸は腸の蠕動運動(ぜんどううんどう:腸内の老廃物を体外に排出するために腸全体が動く)を促し、便秘を解消してくれます。さらには、カルシウムを吸収するのを助けてくれるのだそうです。乳酸、腸の中では超有能!

また、乳酸菌は、死骸となっても役にたちます。食物繊維とおなじように、悪玉菌を自らの身体にくっつけて道連れにして、う◯ことして体外に排出されていくのですね。

 死してなお、働くなんて……乳酸菌……お前もなんていいやつなんだ(T_T)!!

3で?結局、結局乳酸菌飲料って、筋肉が疲労している時に飲むと悪化するの?

悪化するもなにも、乳酸自体がどうやら疲労物質ではないらしいので……。というわけで、問題はないです。

 ところが、カ◯ピスなどは常温流通で発酵がすすみ過ぎないよう、乳酸菌を加熱殺菌しているのだそうで、腸に届くのは死菌のみ(冷蔵輸送のヨーグルトや、ヤク◯トなどは菌を生かしているものが多い)。それって意味あるの?と思わなくもないのですが。

 しかし、殺菌された飲料自体にも菌がつくりだした乳酸が含まれるし、ATPの材料になる糖分が大変高いので、むしろ疲労快復に役に立ちそうです。

 ただし、飲みすぎるとその糖分の高さ故、こんどは別の健康問題が生じるので、ほどほどにしてくださいね(こころからのお願い)。

 あ、それから全身の血流をよくすることは、筋肉中にだぶついた乳酸をはやめに肝臓におくりこみ、細胞のすみずみに酸素を行き渡らせ、筋肉疲労快復をはやめると思います。

 というわけで、激しい運動のあとの、軽い運動やマッサージ、鍼灸は筋肉疲労快復に効果的ですよ(←ここ、鍼灸マッサージ屋としては是非とも主張せねばならない)。スポーツや夏のご旅行で疲れた後に、お試しください(^_^)。

※この記事は2017年7月に『しんきゅうコンパス』に掲載したコラムの再掲になります。

西川口 蕨 鍼灸マッサージ

はり灸指圧治療 ぬくまる屋店主 あいざわゆきこ

【健康コラム】湿気とむくみと女子のお悩み 2019
10/8

 秋です。運動会などにふさわしい季節のはずなのに、なんだかここのところ変な感じ。カラっとした過ごしやすい陽気が続いたかと思えば、じめじめじっとり残暑で雨がふってきたり。ふー、暑い感じですね。乙女心と秋の空…とはよく言われますが、今年は変わり身がはやいにも程があります。

 こんな季節は、なんだか全身がだるい、脚がむくむ、おなかを下し気味、腰がおもだるい……なんて症状が出て来ている人も多いのではないかしら?

 それは、きっとこの湿気が身体に悪さをしているせいです。東洋医学では、湿気が身体に及ぼす悪い影響のことを、まとめて「湿邪(しつじゃ)」と呼んでいます。

 では、湿気は身体にどんな悪さをするのでしょうか?以下鍼灸学校で使っていた教科書より一部抜粋しますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.湿は陰性の邪気で人体の下部を犯しやすい(下注性)

湿は水に似て、下にに流れる性質がある。そのため湿邪は、人体の下部を犯すことが多い。

 例えば、むくみなどは下肢に著明に現れる。その他帯下(筆者注;おりもののこと)脚気、下痢など下半身の症状が現れやすい。

2.湿は重く、停滞する(重濁性、粘滞性)

湿邪が体内に侵入して、陽気(筆者注;主に身体の表面を流れていると考えられている気のこと。衛気とも呼ばれ、外から侵襲してくるものに対するバリアのような役割を果たしていると思われている)が損なわれると、頭や身体が重く、四肢がだるいなどの症状が現れる。

 また湿邪が関節に滞ると、関節が痛み腫れる。これを体重節痛という。

 湿邪には、動きが遅く停滞する性質があるので、湿邪による病は治りにくく、繰り返し再発することもある。

3.湿は脾胃を犯しやすい

 湿邪が脾胃を犯して、消化吸収の能力を損ない、津液(筆者注;『しんえき』と読む。東洋医学では体内を流れる血液以外の水分の総称。唾液やリンパ液、細胞間質液などが相当するか?)を運ぶ機能が悪くなると、下痢、尿量減少、腹水、むくみなどの症状が現れる。

4.自然界以外の湿邪

天候の湿邪以外にも、汗で濡れた下着を長く着た場合などにも湿邪による疾病になることがある。現代では汗を吸い取りにくい化学繊維の下着や、パンティーストッキングなどを着用することにより、湿邪による病を引き起こすことがある。

    社団法人東洋療法学校協会編:『東洋医学概論』より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ま、ものすごくアバウトに言えばですね、湿気の多い気候の時は、身体の下半身に水がうまく流れずに溜まって、そいつが身体をひやしたり、胃の働きを抑えて消化をわるくしたりするんだなーって、考えていただければ。そりゃだるいはずですわ。

 ところで、上記3に「湿は脾胃を犯す」とありますが、「脾胃」ってなんでしょう?『』はおわかりかと思いますが、腹の中にあって、食べ物を消化したり、ストレスたまると穴が空いたりする器官です。さて問題は『』。これはなんでしょう?

 古代中国の解剖によると、『』は、胃とコンビで働いて、飲食物の消化や吸収をたすけて、食べ物を気や血液、津液(リンパ液や漿液のようなもの)に分解して全身に送り出す臓器のようです。

 ちなみに写真は『類経図翼』という1500〜1600年代あたりに描かれた、中国の解体新書のような本に載っている解剖図。怪しい。

 いろいろ調べていくと、甘いものやお酒をのみすぎるとよくないとか、どうやら現代でいうところの膵臓の働きに近いです。

なお、古代中国の人達は、それらの体内の臓器が、それぞれ全身の身体の生理機能に関する重要な役割を担っていると考えていました。

 では、『』の役割はなにかというと、以下の3点。

運化(食べ物を吸収して気や血、津液に変える)

昇清(気や血、津液を胃から上の肺へおくる。結果、気がめぐることで肌肉に張りを与える。他の内臓が下垂しないように、つなぎとめる)

統血(血液を血管の外に漏らさないようにして、全身をうまく巡らせるようにする)

湿気で脾胃が犯されても、そのままほったらかしにしておくと、これらの機能も衰えてきます。そうすると、どんなことが起きるか?

食欲不振から始まり、腹痛、下痢、肌荒れ、全身倦怠、無力、血尿、不正性器出血など……。まあ、怖い!特に女子にとっては肌荒れと不正性器出血はとてもいやな症状!

 こうなるまえに、さっさと身体に侵入してくる湿邪を追い払ってしまいましょう。

1.まずは、現代のありがたい文明を使って、空調で除湿をかけるが◎。しかし、これだと身体が冷えちゃう人も多いんですよねー(-_-;)。

2.そんなときは、胃のあたりをカイロなどであたためる。東洋医学での消化は、胃で食べ物を『熱によって腐熟』させ、脾で『もんで砕く』のだそうで。温めると、たしかに食後の重だるい感じは軽減されます。そして、暑いかもしれないけれど、あまり冷たいものを、がぶがぶ食べたり飲んだりしない

3.それでもだるさが消えないときは、脾の経絡上に湿邪が既に入り込んでるかもしれません。こんなときは、脾の経絡が身体の表面を走っている、ふくらはぎの内側から膝の内側〜内股を、温めてもんでみる(↓方法はこちらをご参照ください)。

 ホットパックを作るのが面倒だったら、お風呂の中で温まりながらでもいいですよ。

 厳密に言うと、脚の内側には脾だけでなく、肝、腎の経絡も走っているのですが、細かいことは気にしない。まとめてもんじゃってください。掌で大きくおさえれば、まず全部の経絡にあたります。自分が気持ちいいーって感じるのが大切

 それでもなんかダメ、すっきりしない……というときは、お近くの鍼灸院で鍼灸をレッツトライ!

 実は私も湿気に弱いんですよー(;_;)。湿気に対抗する方法を、自分の身体で常に試しております。一緒にこの辛い季節を乗り切りましょう!

※この記事は2017年6月に「しんきゅうコンパス」コラム欄に掲載したものを加筆修正したものです。

西川口 蕨 鍼灸マッサージ

はり灸指圧治療ぬくまる屋店主 あいざわゆきこ

【重要なお知らせ】2019年10月1日より価格変更いたします 2019
09/27

さて、皆様ご承知の通り、2019年10月1日(火)から、消費税率が8%から10%に上がります。それに伴い、諸々の事情により、ぬくまる屋でも10月1日より価格変更させていただくことになりました。
今回の価格変更の概要は、以下のとおりになります。


※内税方式から外税方式に切り替え
※従来の本体価格(税抜き価格)より50円未満の端数を切り捨て
※税率を8%から10%に切り替え

 主に端数の切り捨てにより、メニュー価格が従来より値上げされたり,値下げされたりするところが出てきました。
値上げ幅は最大75円、値下げ幅は最大25円になります。
 皆さまには一部ご負担をおかけすることになってしまい、心苦しくはありますが、ご理解くだされば幸いです。よろしくお願いいたします。
詳細は以下の価格改訂表をご覧ください。

※赤マーカーが従来より値上げされた価格
青マーカーが従来より値下げされた価格になります

※ぬくまる屋公式サイト、しんきゅうコンパス、エキテンの各サイトの
メニュー値段表は9月30日21:00〜10月1日15:00の間に順次変更していきます。
その他接骨・整体リフレなどのサイトも少し遅れるかもしれませんが、
順次変更していきますので、よろしくお願いします。

※9月30日(月)までにご予約いただいても、10月1日(火)以降の施術は
新価格適用になりますので、ご注意ください。

※ ご利用の際は、恐れ入りますが小銭をご用意くださるか、
電子マネー、クレジットカードなどをご利用くださると大変助かります
(当店は医療カテゴリの業種のため
消費税ポイント還元事業対象外になります。ご了承ください)



利用可能電子決済は以下の写真の通りになります(写真の他、QRコード決済ではALIPAYがご利用になれます)。


 

   ご理解、ご協力のほどよろしくおねがいいたします。

【重要】ぬくまる屋の施術料は、業種が医療カテゴリになりますので、キャッシュレス決済時消費税ポイント還元事業の対象外になります。

が、確定申告の際、医療費控除に含めることができます。レシートは必ず保管しておいてください。

西川口 蕨 鍼灸指圧マッサージアロママッサージ
はり灸指圧治療 ぬくまる屋店主あいざわゆきこ

【健康コラム】お肉と子宮筋腫と鉄分(後編) 2019
08/10

お肉と子宮筋腫と鉄分(後編)

お待たせしました。前回のコラムの続きです。

前回のコラムはこちら↓

 前回の内容をさらっとまとめると、子宮筋腫の人は、一般的にお肉や乳製品など、動物性の食品を避けた方がいいと言われる……というお話でした。

 私も今のところ、子宮筋腫の方に日常生活でのアドバイスを求められたら、そのように答えてはいます。

 ところが、最近非常に真面目というか、ストイックな方が増えておりまして、こういうアドバイスをすると、100%きっちり守ってしまわれる方が割といらっしゃるんですね。

 つまり、一気にベジタリアンになってしまったりします。

 閉経後の女性や、退職して特に運動もしていない男性が、自然と肉類を身体が受け付けなくなって、ベジタリアンになっていく……というのは、割とおみかけします。そういう人達は、肉類や乳製品の栄養を最早あまり必要としなくなっているから受け付けなくなっているわけで、そういうベジタリアンなら、あまり問題はないし、いいのです。

 けどですね、閉経前の女性や、働き盛りの男性がベジタリアンになるのは、正直かなり危険なのではないかと思うのです。

 実はですね、ワタクシ過去にひとり暮らしをしていた時に、一時期ベジタリアン生活を送っていたことがありまして。いや、ダイエットとか、何か主義主張があってとか、そんなんじゃなくって、単に肉を買うお金がなかっただけなんですけど^^;。

 なので、大抵は大根とニンジンを煮物にしたり。

 キャベツ半玉を塩胡椒で炒めたり。

 ほうれん草や小松菜をおひたしにしたり。

 おからをお野菜の残りと一緒に甘辛く炒ったり。

 こんなおかずを、ごはんと一緒にかきこんでいました。

 たまーに脂っこいものが食べたくなったら、一枚50円のコロッケを。うーん、見事に肉なし!。

 まあ、特に生活に差し障りもなかった(と自分では思ってた)し、野菜生活ヘルシー♪くらいに構えていたのですが、傍からみたら、相当ひょろひょろゆらゆらしていたらしくorz。元来痩せ型の体格だったこともあり、心配した知り合いが、ワタクシを某牛角食べ放題に連れ出してくれました。

 もともと主義主張があって断肉してたわけではないし、食べ放題とあらば……というわけで、牛カルビやらロースやら豚とろやら厚切りベーコンやらを、たぶん2、3人前くらいガツガツ食べたと記憶してます。

 で、その日は食べたー!!という満足感と共に眠りについたのですが、翌朝の変化が劇的ですっごい驚きました。

なにがすごいって、朝すっきりさわやかに起きられる!しかも、身体が軽い!世界が明るい!つーかこの時点で、初めて気が付きました。

私、慢性的な貧血になってたんだ……!

 さて、ここで皆様お気づきかと思われますが、お肉(特に牛肉やブタ、鳥レバーなど)は、赤血球を形作る鉄分を豊富に含んだ食べ物なのですね。貧血予防には欠かせない食べ物なのです。

 よく菜食を勧めるサイトなどでは、小松菜やほうれん草でも鉄分は充分摂れるから肉は必要ない、という主張も目にします……が!

お肉の鉄分はヘム鉄、お野菜の鉄分は非ヘム鉄。同じ鉄分でも種類がちがうのです。

そして、ヘム鉄の体内への吸収率は、非ヘム鉄の約5倍!

画像は

http://www.ils.co.jp/seihin/hem.html

より拝借しました。

 実際、私は鉄分が高いと言われる大豆系の食品(豆腐、おからなど)や、ほうれん草、小松菜、ひじきをこまめに食べていても、しっかり貧血になっていました。

 鉄分が欠乏しても、ごはんや野菜はしっかり食べていたので、身体はそれらのエネルギーだけでも、動くことは充分にできます。それ故に、体調の変化の過程もゆっくり。なので、体調がかなり悪くなっていても、気がつきにくかったのです。

 つねにだるい、眠い、朝起きられない、なんだか視界が暗い、ふとした拍子に床がせり上がってくる感覚がある(めまいの症状のひとつです)……。今思うと、これらの貧血症状が日常的に起きていたわけですが、貧血にありがちな「倒れる」とか、「気持ち悪い」とか、そういった明確な症状は全くなかったため、これが普通の身体の状態だと思って、まったく気づきませんでした。

 そして、子宮筋腫を持っている人は、月経時の出血量がとんでもなく多くなっています。ただでさえ、貧血になりやすい状態なのです。それなのにお肉を全く食べない……なんてことをしてしまったら……!もう、想像はつきますよね?

 もちろん、こういう場合は病院から処方された鉄剤をちゃんと飲んでいれば、貧血状態はすぐに改善されてきます。じゃあ、お肉を食べなくてもいいじゃん?って思うかもしれません。

 でも、お肉は鉄分以外にも、脳の神経伝達物質を作るのに欠かせない必須アミノ酸や、疲労をとるビタミン類などを豊富に含んでいます。それらを摂らないことで、鬱になりやすくなったりすることは確かにあると思うのです。 

 もし、毎日肉をがばがば食べていた……というなら、確かにある程度は減らす必要はあります。焼肉通いを週1から月1にするとか、毎食肉をたべていたなら、一日に一回にするとか、肉の量を半分にするとか。

 でも、まったくカットしてしまうのも、身体にはよくないと思うのです。ある程度は必要。

 だからと言って、お肉だけ食べても栄養は吸収されづらいです。たとえば、お肉の鉄分はビタミンCと一緒に摂ることで、かなり吸収がよくなるそう。生のピーマンや、レッドキャベツのサラダを一緒に食べるといいとか。

 とどのつまり、肉もお魚も野菜も果物も「バランスよく」食べてよ……ってことなんですよ。

 その「バランスよく」というのが、個々の体質の違いによってもかなり差がでるし、好き嫌いやアレルギーの問題もあるので、難しいところではあるのですが。

 そして、お肉を食べることで、もし筋腫が大きく育ってしまったら……と不安に思う気持ちも、もちろんわかります。だから、お友達や、お子さんや、旦那さんが食べる量よりは少なめにしましょう。

 それでも、筋腫が育ちやすい体質、育ちにくい体質というのは確かにあります。人によっては肉を減らしたのに、筋腫が育ってしまった……!ということもあります。でもですね、そういう方は肉をカットした状態でも筋腫が育ってしまうことも多いのですよ。貧血と筋腫のダブルパンチ。辛いです……。食生活は確かに重要。でも食生活が全ての原因なわけでもないのです。

 鍼灸では、そういった体質を少しでも変えるお手伝いをさせていただきます。長期戦になってしまうと思いますが、その都度鍼灸師と相談して、無理なく通える範囲を設定してもらってください。状況が許せば、おうちでの施灸方法なども指示してもらえると思います。

 ひとりで病気と戦わず、鍼灸師と一緒に戦ってみませんか?

 出来ること、出来ないことはありますが、ぜひ一度ご相談してみてください。

※このコラムは、2017年6月掲載しんきゅうコンパスコラムの再掲です。

西川口 蕨 鍼灸指圧マッサージ

はり灸指圧治療 ぬくまる屋 店主 あいざわゆきこ

【健康コラム】お肉と子宮筋腫と鉄分(前編) 2019
08/2

 梅雨もようやく明け、暑い日が続きます。こんな日はぷはーっとビールを豪快にいきたいところですねえ。ビアガーデンでジンギスカンとかもいいなあ(ウチの隣駅にある川口そごうの屋上では、ジンギスカンメインのビアガーデンが開催中♪)。

 さて、そんな心浮き立つ季節ですが、つい最近、子宮筋腫持ちの方から「日常生活では、どんな点に気をつければいいですか?」と、相談を受けまして。

 こういった場合、私はまず食事についてのアドバイスから入ることが多いのですが、最近難しいなと思うケースも増えてきたので、ちょっと書いてみます。

 まだ、明確な答えが自分の中にあるわけではないので、ちょっと迷走した文になりますが、ご容赦を。子宮筋腫でお悩みの方も、私と一緒に考えてみてくださると嬉しいです。

 子宮筋腫とは、子宮の中にできる良性の腫瘍。とくに身体に悪さをするものではなく、明確な自覚症状もないことが多いので、最近お腹周りが太ったなあなんて思っていたら、筋腫が赤ちゃんの頭くらいに育ってたーなんて人も多いです。

 でもそこまで育つと、月経の出血量も半端なく多くなって、貧血は起きるし、なによりも月経痛が酷くなる。

うちの母も筋腫持ちでしたが、筋腫が大きくなってきた時の月経中には、寝込んでばかりだったように記憶しています。

で、思い切って手術で、筋腫と一緒に子宮をとってしまったら、ケロっと元気になってました。

 が、やはりそこまでは行きたくありませんよね。筋腫が小さいうちであれば、なんとか筋腫をそれ以上大きくせずにやりすごしたい、という気持ちが一般的には大きいと思います。

 では、どうすれば筋腫を大きくせずに済むか?それにはまず、筋腫が出来る原因を考えなければいけません。

 西洋医学分野では、子宮筋腫が出来る原因は基本的にはいまだに不明とのこと。ただ最近子宮筋腫を持つ人が増えてきたのは、女性の一生の間の妊娠期間が短くなった(またはなくなった)ことに伴って、女性ホルモン(エストロゲン)に曝される期間が長くなってきたからではないか?とは、いわれています。

 確かに閉経後、筋腫が小さくなった、なくなったという人は多いです。

 婦人科でも、筋腫が大きくなってくると、手術の前にまず女性ホルモンをストップさせる薬を処方して、様子をみる……というケースも多いと思います。

 東洋医学的には、一般的に身体全体の血の流れが滞りやすい体質の人が子宮筋腫になりやすい、といわれています。

 つまり悪い血がうまく循環せずに子宮に滞って、筋腫になるってイメージですね(あくまでもイメージですよ、イメージ^^;。実際に筋腫は血の塊ではないので、誤解せぬよう。正体は平滑筋の塊です)。

 というわけで、鍼灸治療では下腹部内の血液循環をよくしていくという目的に沿って、治療の流れを組み立てて行きます。

 では、筋腫の原因がなんとなーくイメージできたところで、本題に戻ります。

子宮筋腫持ちで病院や鍼灸院などにかかったことのある方は、以下のようなアドバイスを受けたこともある人が多いのではないかと(私も今まではこうアドバイスしてきました)。

「肉や乳製品など、動物性脂肪のものは避けて」(写真はリブロース、どーん)

 このアドバイス、たしかに西洋、東洋医学、両面からみて理にかなっている……とは思うのですよ。

 筋腫が大きくなるメカニズムには、エストロゲンが大きく関わっていると言われてます。

 そしてエストロゲンを作る主要な栄養素はコレステロールです。皆様ご存知の通り、コレステロールは卵やレバーなどに多く含まれてます。

 また、筋腫が筋肉の塊であることを考えると、筋肉を育てる動物性たんぱく質を多く含む食品、たとえば牛乳やチーズ、肉の赤身などは避けた方がいいのかな、とも思います。東洋医学的にもこれらの食品を大量に摂取すると、血が滞りやすいとも言われていますし。

 でもですね、近年は真面目というか、ストイックな方が増えて来たのか、うかつにこういうアドバイスをしてしまうと危ない、と感じる側面も増えて来たのですよ。

なんか長くなってきてしまったので、どこがどう危ないと感じたかは、次のコラムに続きます

※このコラムは2017年6月にしんきゅうコンパスに掲載したものに加筆修正したものです。

後編はこちら↓

西川口 蕨 鍼灸マッサージ

https://nukumaruya.com/

はり灸指圧治療ぬくまる屋 店主 あいざわゆきこ

【健康コラム】鍼灸マッサージ師はあなたのパーソナルトレーナーです 2019
07/27

さて、少しコラムの更新の間が空いてしまいました。一度書かなくなると、ちょっと書き出すのに腰が重くなりますね。やはり書く作業をルーティン化していないと、すぐ書かなくなっちゃう。いかん、反省です。

というわけで、今日のお話は『習慣化』『ルーティン化』について。

 この鍼灸や指圧マッサージのお仕事を始めてからよく感じるのですが、いわゆる東洋医学と呼ばれるジャンルの治療に関しては、一発で悩みを解消してくれるようなカリスマを求めていらっしゃる方が割と多いのかな?と思います。

 つまり、1回で「わー長年困ってた腰痛が消えた!」とか、1回で「40肩が動くようになった!」とか、1回で「みるみるうちにダイエットに成功!」とか。

うーん、ごめんなさい!それたぶん無理です。ぎっくり腰や寝違いは1回の治療でOKかもしれないけど、慢性のお悩みに関しては、なかなかそういうわけにもいかず。

 慢性のお悩みって、もちろん個人個人の体質によるところもかなりありますが、長年の生活習慣から形成されているところも大きいのです。

たとえば、ずっと座りっぱなしで動かない仕事をしているとか。座るときに肩や背中を丸めているとか。毎回すごい量のごはんを召し上がっているとか。でも長年それらのことが当たり前だった生活をおくっていると、なかなかそのことに気づけません。

たとえば普段の掃除機のかけ方ひとつでも、写真右の姿勢と左の姿勢では、腰にかかる負担が大きく変わってきます(左のほうが、腰に大きな負担がかかっています)。

鍼や指圧マッサージ治療で一時的には痛みは治まるかもしれない。けれど、同じ生活習慣をくりかえしていると、また痛みや悩みはぶりかえしてきます。

でも……ひとりじゃ、なかなかその習慣は気づけないし、かえられませんよね。ましてや、それが仕事に関わることだったりすると、変えろといわれても仕事だし……と、ムカついたりもします^^;

そこで、我々のような鍼灸やマッサージの専門家をうまく利用してください。相談していただければ、まずたいていの鍼灸やマッサージの専門家は、それぞれの方の身体や生活状況に合わせたアドバイスをくれるはずです。たとえば、簡単なストレッチとか、筋トレとか。

 で、次回の施術を受ける時に、そのアドバイスを実行できたかどうかを、正直に言ってください。

よく怒られるのが怖くて、やってないことをやったと嘘つく人もいらっしゃるのですが……それだめですよ。

 なんでアドバイスを実行しているのに、身体が改善していないんだろう?他の要因があるんだろうかと、施術者は考えてしまい、間違ったアドバイスをしてしまう原因になってしまいます。まっとうな施術者なら怒らないので、そこは正直におっしゃってください。

 アドバイスを実行できなかったら、実行できなかったなりの原因があるはずです。それならそれで、実行出来るよう別の手を考えていきますので、遠慮なくご相談ください。

 そうすることによって、筋トレやストレッチなどをルーティン化できれば、しめたものです。慢性腰痛などは、1週間に1回100分の施術を受けるより、1日5分の筋トレやストレッチを毎日続けたほうが効果的だと、私は考えています(ただし、痛みが強いときやヘルニアなどの物理的要因が在るときは、話は別。その場合は、どういう頻度でなにをやるかは、必ず施術者にご相談ください)。

 施術者は、いわばあなたのパーソナルトレーナー。症状が軽くなっても定期的に通うことで、筋トレなどの習慣を続けるいい目安にもなります。鍼灸やマッサージをあなたの生活ルーティンに組み入れることで、うまく健康維持に役立ててくださいね。

※この記事は、2017年5月にしんきゅうコンパスのコラム欄に掲載したものの再掲です。

西川口 蕨 鍼灸マッサージ

はり灸指圧治療ぬくまる屋 あいざわゆきこ

【健康コラム】雨の日とセルフマッサージと温熱パック 2019
07/13

 さて、今年は梅雨らしい天気が続いてます。雨が降り続き、気温も上がらず、私も脚から冷えがひたひたと登ってくる感覚があって、ちょっと下半身がだるめです。

 こういう日はホットタオルで簡単温熱パックを作って、軽くセルフマッサージを。パックを作る時間も含めて約5〜10分。簡単に脚のだるさがとれますよ。

温熱パックの作り方。

1.縦に1回、横に1回折りたたんだフェイスタオルを水に濡らして、くるりとまいてよく絞り、封を開けたままのフリーザーバックに入れて、レンジで約1分チンします。

2.ラップを50センチほどの長さにカットしたのを2枚、5センチくらい重ねる感じで床に広げます。

3,チンしたフェイスタオルをひろげて、広げたラップの下の方に寄せてのせます。

4.上方のラップを折りたたんで、フェイスタオルをラップでサンドします。

5.空気をよく抜いてから、端を折りたたんで、タオルをラップで密閉。これで簡単温熱パックの出来上がり。

さて、この温熱パックはすぐ冷めてしまいますので、ここから動きをすばやく!(この状態でレンジでもう一回チンしても、なかに残った空気が膨らんで、ラップがぐちゃぐちゃになってしまいます^^;)

それではセルフマッサージの仕方。

1 だいたいだるい時に、さわってきもちいいのは脚の内側です

なので、床に座って脚を外側に倒して、内側が上にくるようにします。

2 足首からすぐ上あたりをさわってみると、だるい人はわりと冷えてるはず。これがだるさの元凶です。

3 まずはふくらはぎの内側全体に温熱パックをのせて、足首から膝へむかって、掌でゆっくり体重をかけるように押していってください。ひと押し4秒くらいのゆったりしたリズムでだいたい3回くらい。

4 次に、膝から上に温熱パックをずらして、こんどは前腕で太ももによりかかるようなイメージで、膝から腿の付け根にむかって、ゆっくりおしていきます。だいたいこれも3回くらい。

とりあえずはこれだけ。

どうでしょう?さっきよりだいぶんだるさがとれていませんか?

 ポイントは脚の内側にある、三陰交と血海というツボ。ここが冷えてると、脚がだるく感じるようです。(写真は「針灸取穴入門」入江靖二著 緑書房 より)

 セルフマッサージが終わったあとも、ここを冷やしたままでいると、すぐに元にもどってしまいます。

 靴下やももひきを上手に活用して、セルフマッサージ後もこの2つのツボを冷やさないようにしていると、効果が長持ちしますよ。

ええーい!そんないちいちタオルを温めたりするのはめんどくさいわ!というそこのアナタは、簡易カイロ(いわゆるホカロンとかね)の封を切りましょう。

 膝の内側の血海あたりをカイロでこしこし擦るだけでも、まあ効くっちゃ効くので。

 だるーい雨の日は、ちょっと自分の身体をいたわってあげて、快適に過ごしてくださいね。

※この記事はしんきゅうコンパスのコラム(2017年5月掲載)に加筆修正して再掲したものです。

https://nukumaruya.com/

はり灸指圧治療ぬくまる屋

店主あいざわゆきこ